自動車保険の見積もりの紹介や自動車保険の比較や口コミなどを紹介






スポンサードリンク

2007年04月18日

カナダの自動車保険

カナダの自動車保険に限らず

世界的な自動車保険の金額はかなり
まちまちですが、

特にオーストリア、カナダは高いですね。

日本が安く感じますが、それでも韓国の2倍です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070307-00000013-yonh-kr

(引用Yahoo!ニュース


韓国の自動車保険料、OECD平均の3分の1
3月7日9時38分配信 YONHAP NEWS


【ソウル7日聯合】韓国の自動車保険料は経済協力開発機構(OECD)加盟国に比べ大幅に低い水準であることがわかった。損害保険業界が大韓貿易投資振興公社(KOTRA)の資料をもとに、ルクセンブルク、アイルランド、アイスランド、スロバキアを除くOECD加盟26カ国の自動車保険料を比較したところ、韓国は排気量2000ccの自動車で年間54万ウォンと最も低かった。
 最も高いのは324万ウォンのオーストリアで、次いでカナダが289万ウォン、フランスが263万ウォンなど。英国(116万ウォン)や日本(114万ウォン)も韓国に比べると2倍となり、韓国と同水準なのは豪州(58万ウォン)、ニュージーランド(66万ウォン)、スウェーデン、オランダ(各67万ウォン)程度にとどまった。OECDの平均は157万ウォンだった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070307-00000013-yonh-kr

(引用Yahoo!ニュース


保証内容がわからないところがキモですが・・・

posted by masa at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険

口コミ 自動車保険 一括見積もり

口コミ 自動車保険 一括見積もりまあ

各社から資料は送られてきますが、

金額は特約の内容など

車両保険の金額や支払条件で変動がありますから

鵜呑みにしないのがまず一番、


あと、通販系は人件費を抑える為のもの

なので、(だから安い)しつこく電話が

かかってくるとかは無いので、


心配は要らないようです。


逆に保証内容など、こまかく問い合わせた方がいいです。


わからない言葉はわかったふりをせずに、

しつこく聞きましょう、

会社によって、「意味が違う」とか普通の世界ですから。

posted by masa at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険

アリコ 自動車保険

アリコ 自動車保険はあまり

評判は聞かないですが、

通りとしては生保の方がいいみたいですね

生命保険だけみたいですね。どうやら
posted by masa at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険

自動車保険 セコム 口コミ 等級プロテクト

自動車保険 セコム 口コミ 等級プロテクトは
セコム以外にどうやら

損保ジャパン・エース保険・セコム損保などが

あるそうです、

正式名称は

等級プロテクション特約というらしいです。


概要は会社にもよるでしょうが

1事故までは等級が下がらないらしいです。


当然事故の程度にもよるでしょう。
posted by masa at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険

保険会社 盗難車両保険 不払いで

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070418-00000020-san-soci

(引用Yahoo!ニュース


盗難車の保険金支払い 保険会社に立証責任 最高裁初判断
4月18日8時0分配信 産経新聞


 自動車盗難保険金の支払いをめぐり、盗難事実の立証責任を保険会社と保険金請求者のどちらが負うかが争われた訴訟の上告審判決が17日、最高裁第3小法廷であった。上田豊三裁判長は「自動車の盗難が保険金請求者の意思で発生したことは、保険会社が免責事由として立証すべき事項」と述べ、保険金の支払いを拒む場合の立証責任は保険会社側にあるとの初判断を示した。その上で、保険会社側勝訴の2審・福岡高裁判決を破棄し、審理を同高裁に差し戻した。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070418-00000020-san-soci

(引用Yahoo!ニュース



どちらもそれなりの言い分はあるのでしょうが、

今後、この判例が生かされるということだけは確かです。
posted by masa at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険

三井ダイレクト損保 評判は?

三井ダイレクト損保 評判はどうなんでしょうか?

設立当初から直販に特化し成長を続けている。

直販保険の中でも保険料の安さは突出しており、

サポートにも定評がある。事故の際は、

専任担当者がつき対応してくれるほか、
示談交渉等も代行してくれる。

希望者には進捗状況が閲覧できるM

yページサービス等も行っている。


種類 株式会社
市場情報 非上場

略称 三井ダイレクト損保
本社所在地 東京都文京区後楽一丁目5番3号
電話番号 03-5804-7711
設立 1999年6月
業種 保険業
事業内容 損害保険業
代表者 代表取締役社長 北村敏夫
資本金 200億円(2006年3月31日現在)
総資産 256億0900万円(2006年3月31日現在)
従業員数 460人
決算期 毎年3月31日
主要株主 三井住友海上火災保険株式会社49.39%
三井物産株式会社ほか

沿革
1995年の金融ビッグバンを受けて、1999年6月に準備会社として物産インシュアランスプラニング株式会社を設立。2000年5月に、損害保険業の免許を取得して、商号を現在の三井ダイレクト損害保険株式会社に変更し、翌6月より営業開始。

2007年3月には、同業他社よりやや低かったソルベンシー・マージン比率を引き上げる目的で、三井住友海上火災保険株式会社などを引受人とする第三者割当増資を実施し、三井住友海上の出資比率は66.47%となり、連結子会社となる予定。


財政面でもテコ入れされているということですね。

posted by masa at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険

ソニー損保について

ソニー損保について

ソニー損保の一番の特徴は、走行距離に応じた保険料体系を採用しているところだろう。

走行距離が1万kmに満たない場合はかなり保険費用が安くなる。

実際には、1事故1担当制によるサポートが受けられ、

保険料も60%以上が30日以内に支払われる等サポートと

迅速な対応にも定評がある。


1979年8月、米プルデンシャル生命との合弁でソニー・プルデンシャル生命として設立された。
1991年4月に現社名に変更。1996年4月にソニーの100%子会社となり、2004年4月にソニー損保、ソニー銀行とともに傘下に入った。販売チャネルはライフプランナーと呼ばれる保険外交員によるコンサルティング営業及び通信販売(学資保険のみ)。


同年10月28日、同社においても4件(内保険金2件)、金額にして6億144万5千円(内保険金6億円)もの不当不払いがあったことが発表された。


タグ:ソニー損保
posted by masa at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。